アーカイブ

iPhone修理サイト

パネルや液晶のひび割れ・破損はそのままにしておくとキケン!?

iPhoneの「ガラス割れ」とは、フロントパネル、バックパネルのひび割れや破損のことを指しており、iPhoneをうっかり落としてしまったり、過度な衝撃を与えたりすると、ガラス割れが起こります。
表面だけのひび割れや破損なら、最初のうちはiPhoneを通常通りに操作することもできますが、そのひび割れを放置していると、後でとんでもない事態になってしまうことも。
ガラス割れしたiPhoneをそのままにしておくとどのような危険性があるのか、詳しくご紹介いたします!

「パネル破損の浸食」がiPhoneを危険な状態にさせる!

ガラスの表面が割れた場合でもタッチパネル操作やスマートフォンとしての機能が使えることが多くあるため、修理費用や機種変更の代金を惜しんでガラス割れしたiPhoneをそのまま使用している人も中にはいます。
表面のひび割れ程度なら、画面がすこし見えづらくなるだけで操作もいたって普通にできます。しかし、そのまま放置しておくと、ひび割れた表面から亀裂が広がり、その破損は液晶や内部の繊細なパーツにまで影響を及ぼします。
ガラスの破片がパーツを破損させる原因になったり、ひびの隙間からほこりや水分、湿気などが入り込みある日突然ショートしてしまう、なんてことも。
いわば、ガラス割れの放置は、「傷口を縫合しないまま生活している」のと同じことなのです。

パネル修理<<<<<機種変更

ガラス割れのみであれば、iPhoneの補償サービスを利用して修理できます。しかし、内部の重要なパーツにまで影響をきたしたものは、もうそのまま使用することはできず、機種変更するしか方法がなくなってしまいます。
また、ガラス割れにも程度があり、破損した日からいつまでに修理しないといけないといった明確な日にちを出すことができません。そのため、朝起きたら突然起動できなくなっていた、なんてこともざらにあります。
パネルが破損したiPhoneを放置していると、このようにあとで取り返しのつかない様々な問題が起こることはあまり知られていません。致命傷となりiPhoneが再起不能にならないよう、バックアップを取り、早めに修理に出しましょう!
htukydk
iPhoneのパネル割れというのは、端っこに少しヒビが入ってしまったものや、画面全体に亀裂が入ってしまい待ち受け画面が見えなくなってしまったものまでさまざまな故障例がありますが、どれもれっきとした破損であり、「少し欠けたくらいだし、修理はまだ良いか」、というわけにはいきません。
修理にはコストがかかるため敬遠しがちですが、早めに修理しないと内部の劣化が早まる原因になってしまいます。では、故障でもっとも多い「パネル割れ」の修理にはどれくらいの料金がかかるのでしょうか?

正規店(AppleStore)の場合の料金相場

Appleには、パネル割れ、液晶パネルの損傷など、故障に対しての「保証サービス」があります。「AppleCare+(アップルケア プラス)」は、1回の修理につき7,800円でパネル修理・交換してくれます。水濡れによる保証はありませんが、通常の修理では数万円かかる修理もこの値段で対応してくれます。
ただし、AppleCare+は2年間の保証となっており、その期間のうち最大で2回までの受付という制限があります。また、故障や損傷したパーツの種類などによっては保証の対象外となるケースもあります。

非正規店の修理業者の料金相場

iPhone修理ショップには「非正規店」があります。店舗数は年々増え、街でよくみかけることも多くありますね。非正規店でのパネル修理・交換料金は、一般的な相場として次のようになっています。

  • iPhone4モデル、5モデル→約4,000〜7,000円
  • iPhone6→約17,000円
  • iPhone6 Plus→約30,000円

非正規店は数が多く、それだけにiPhone修理にかかる時間と料金のブレはありますが、相場でいうとこういう結果になりました。安いところを探せばもっと低い値段で受け付けてくれる業者もいます。
iPhone4、5モデルであれば非正規店で修理してもらった方が安く、最新のiPhone6であればAppleCare+の保証修理の方が安いということになりました。傷や損傷の度合いによって違ってくる場合もあるので、非正規店では事前に料金の見積りをしてもらうことをオススメします。

更新情報